07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
赤門新聞です「元祖!浦安鉄筋家族」(浜岡賢次)23
2009/09/16 [Wed]09:30
思い出したように読んだ。

相変わらずなので、あまり新鮮味はないんだけど、ふいに「赤門新聞」のようにスマッシュなギャグが出てくるから油断できない。
テレビ欄まで赤門って!
小鉄たちが何かしてれば先へのドライブ感は自然に高まってしまうけど、赤門はマックスのパワーで出てくる。
存在、設定が異常なので、出てくるだけで面白い。

小鉄の大暴れなんて、天然ものの異常さに比べればかわいいものだ。
順子の全力疾走には小鉄も目を剥くのだし、実は小鉄は頑丈でパワフルなだけの一般的な人物で、脇の面々の方が強い。
天然最強。赤門新聞はじめ、小鉄はコマの奥で爆笑していることも多いよな。

やはり個人的には順子が好きで、暴走が他己的だからだろうか。
自分でやりたくってやってるわけじゃないけど、相手を思ってこそつい、というウッカリ感がかわいいのだよな。


で、なんとなく読んでるので小鉄に姉の桜がいることを知らなかった、もしくは忘れていて、かつ花丸木くんと付き合ってるってのはなおさらに。
単行本だと流し読みがちなのかしら。

トータルの感想を持つのが難しい漫画だ。それでいいんだけど。
リニューアルしたら、またナンリングが1巻に戻って新規層が増えるといいけれど。
内容を引き継ぎつつつタイトルを変えていくのって、バキとかと同じチャンピオンのメソッドなのかしら。

元祖!浦安鉄筋家族 23 (少年チャンピオン・コミックス)元祖!浦安鉄筋家族 23 (少年チャンピオン・コミックス)
(2009/07/08)
浜岡 賢次

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/625-91ba119f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。