04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
赫灼たる混沌「ベルセルク」(三浦建太郎)34
2009/10/07 [Wed]09:10
再転生したガニシュカを鎮める、グリフィスと新生鷹の団。

何が正義で何が悪かとか、ちょっと考え直してみるか。
主人公はガッツなので、ガッツの復讐のための物語だったのだけど、となるとグリフィスは倒されるべき悪だ。
でも、ガッツはじめ国や政治や権力から切り離されて生きる(魔女だってそうだわな)ものたちにとって、本当になんとかすべきなのはグリフィスではない。
のだけど、でも強いヤツに導かれて、自分の人生預けて、で、裏切られるのなんて、もうゴメンだろうな。

なので、今回のコレはうっかり感動してしまうのだけど、ガッツにしてみれば「またやってんのかアイツ」と個人ベースに引き寄せて憤る、だろうか。

ともあれ、グリフィスは自分の国を手に入れるという目的についてブレてない。
そのために、はみ出し者を集めて、力とする。
あれ、グリフィスの出生って語られてたっけ。そこを軸にしてガッツと個人対決してくれないと、問答無用で強いヤツ、かっこいいヤツについていったら高揚してヤッホーというアホ漫画になりかねないぜ、と思った。


この巻はなにかと見開きで見せるシーンが多い。
新生鷹の団幹部の面々、現世にあらわれた幽世のものたち、ゴッドハンド。
画力と想像力の限りを尽くした漫画だ。

そのパワーに魅せられたら、あっというまに食われてしまうよな。読者の意識も。

ヒドラにハーピー、ユニコーン、トロールにゴブリンコボルド、ワイバーン、デュラハン・・・という面々も、「人が欲望した」ベタなラインナップ。D&Dの赤箱かという基本路線。

モンスター出てきて剣と魔法でファンタジーが見たいって欲望を、見透かされているようなメタ読みもしてしまう。
ベタを超える、漫画としてのねじ伏せもあるのだろうな。
普通のファンタジーものが最初にしれっと提示する、人間と幻想生物の共存を20年34巻かけて編んで、その先に行く(のだろう)。すごい漫画だな。



あ、気になったのは、宇宙視点の描写なんだよな。
そりゃ、月も出てれば丸い水平線もある世界なんだけど、惑星上の出来事で、となると、宇宙規模の存在が物理的に上位に存在しそうな気がして、やや違和感があった。
あの世界ならさ、神のようなものが平面の大地を支えててもいいと思うんだ。

ベルセルク 34 (ジェッツコミックス)ベルセルク 34 (ジェッツコミックス)
(2009/09/25)
三浦 建太郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/637-ab176d72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。