04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
バイバーイって「さべちん」(SABE)
2009/10/10 [Sat]09:59
追悼本を読む。

「BEAUTIFUL MONEY」も収録されている。懐かしいなぁって、読み返せば済むんだけどさ。
ペンギン虐待女の切れ味がいい。4コマだからこそ、説明なしの無情さが生きる。

「ブルメタルジャケット」で、絶妙にムチムチの娘がいる。
漫画的に極端なデブでなく、自然にふっくらしてるの。うまいよやっぱり。かわいいよ。

エロやシモ方面だけじゃなくて、多様な変態を世に送り出してきたんだな。
雀ロボだってさ、パターン漫画の下ネタで想像を絶するネタが続くって、なんという変態性だ。

そんな変態生産力を誇る作者も、「ゆらさん日記」ではただの父親というか、ただの人だ。
普通に子育てして、かわいいのかわいくないの。疲れただの面倒くさいだの、やっている。
漫画としては微妙に面白くないけど、真正の変態ではなさそうだと確認できて、なお発想に震えるね。

この本は短編、4コマが中心だから当然なんだけど、思えば「世界の孫」でも、大ゴマを使ってドン、みたいな見せ方はあまりしていない。(1巻ずつ2~3か所?)
小さめに丁寧に、面白いことを描いてたんだなぁ。


という、湿っぽい追悼ムードがないのも、「さべちん」のいいところ。
惜しんではいるが、誰も泣いてないし、夭逝したことで必要以上に持ち上げてない。
若いころの時代劇漫画も
「時代劇と漫画への熱い思いがヒシヒシと伝わる笑える作品である」
と解説がついている。
うん、確かに、若さとなんでもなさ、いまさらコレ読まされてもってところは、笑える。それでいいのだな。

でも、オビに
「ブルマ、ペンギン、うんこ、雀…………みんな忘れないでね」
ってあるけど、フード女はどうした! と突っ込んでしまった。
いちばん好きなキャラなんだよね。
押し付ける外向きの変態が多い中で、フードの中でじっとりしてるところが。


というわけで、この調子で「串やきP」完結バージョンもお願いしたい。

さべちん (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)さべちん (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2009/09/30)
SABE

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/639-a0885185
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。