06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
説法ライブはまさに宇宙!!「週刊マンガ日本史 空海」
2009/11/21 [Sat]09:06
鑑真に続いて空海、弘法大師が登場。
漫画は箸井地図。
これまでの人に比べて、空海については資料や功績が多いらしく、漫画の情報量も増している。
それでいてもったりしないのは、絵がシンプルで見やすいことと、シリーズで初めて架空のキャラを立てたところ。
「密教スペシャル 空海のすべてに迫る!!」というテレビ特番の取材をする、という体裁なので、話に合わせて情報を構成していく必要がない。
ある意味でズルいけど、うまい作り。

讃岐の満濃池を指揮した行動的な人であり、実践派。
対して先輩の最澄は文献寄りの理論派で、書斎型のようだ。
対立というか、密教への姿勢の違いも描かれていて、これだけ読むと「最澄は頭でっかち」みたいな感じも残るのだが、仏教、仏典に対してストイックに、慎重に接してたんじゃないかな、最澄。
空海は、それを踏まえて行動しちゃおう、という、大胆な人だっただけで。
大胆だったから功績が具体的だが、僧、仏教の探求者としてどっちがいいとかではないよね。
もちろん作中でも最澄を十分にフォローしているのだが。

読んでいて、大日如来がアマテラスと同一視されるようになったのっていつだっけ、と思った。平安? もうちょい先?
密教が曼荼羅を持ち込んでから、だよな。それにしても、対応速いなぁ。


付録の人物カードは「道鏡」「吉備真備」「早良親王」「和気清麻呂」「阿弖流為」「桓武天皇」「藤原薬子」「坂上田村麻呂」「最澄」。
最澄の不細工ぶりがまた面白い。白豚じゃんか。って画像検索したらだいたい合ってた。
坂上田村麻呂と阿弖流為、道鏡と和気清麻呂のライバルペアを収録している。
カードで、という意味はわからないが、これが付いてることでテーマの人物以外の歴史も含めていけるのだな。

関連書籍は「空海と真言宗」(学習研究社)と「暮らしを守り工事を行ったお坊さんたち」(瑞雲舎)という、
空海の両面をフォローする2冊と、北大路欣也主演の「空海」(東映ビデオ)!
DVDにもなってるのか。ドラマチックな内容らしい。

次号は藤原道長。平安時代へ。
漫画として面白そうな人だ。

目からウロコの空海と真言宗 (わたしの家の宗教シリーズ)目からウロコの空海と真言宗 (わたしの家の宗教シリーズ)
(2006/01)
福田 亮成

商品詳細を見る

暮らしをまもり工事を行ったお坊さんたち―道登・道昭・行基・良弁・重源・空海 空也・一遍・忍性・叡尊・禅海・鞭牛 (土木の歴史絵本 (第1巻))暮らしをまもり工事を行ったお坊さんたち―道登・道昭・行基・良弁・重源・空海 空也・一遍・忍性・叡尊・禅海・鞭牛 (土木の歴史絵本 (第1巻))
(2004/05)
かこ さとし

商品詳細を見る

空海 [DVD]空海 [DVD]
(2008/03/21)
北大路欣也小川真由美

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/656-324cd98f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。