06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
珍しいですか?「乙嫁語り」(森薫)1
2009/11/23 [Mon]09:28
19世紀の中央アジアを舞台にしたとか、12歳男子と20歳女性の結婚とか、そんなことはおいといて、民族衣装を描きたい欲が満天に輝く漫画。
こんな趣味的なもの、「エマ」で当ててなければ描けないだろ。
共通項は、敬語を使うスーパー女子、か。

節制はしているが、食べ物や着るものに不自由していない社会なので、じっくりと生活描写できる。
生活描写のディテールありきでエピソードが紡がれるというか、現状のところではストーリーとディテールの割合が3:7くらい。
衣(布の使い方や衣装)、食(ザクロや狩り)、住(木彫りの柱で家を建てるのと、幕屋の暮らし)で、定住と遊牧の違いを出していくのだが、大半の読者にはどっちも未知のことなので、どちらを基準に読むわけでもないだろう。

ときにはアミル、ときにはカルルクと、視点を変えながら読んでいくことになる。
両者で文化が違うなと、解説でなく生活から読み取っていく。
情報量が多いから満足感がある。

もっともふさわしい視点は眼鏡の研究者なのだが、彼が主役になると物語が前に出過ぎる。ディテールの美が抑圧されるのはよくない。

嫁入り後の物語であり、「嫁」を軸に話も動きを見せていくようだが、2巻以降はストーリーが前に出てくるんだろうか。
生活描写と物語がもっと絡むといいと思うんだが。結婚文化とからめた展開になるんだろう。


しかし、アミルの完成度がすごい。能力でなくて、登場人物として。
作者があとがきで「天然」「野生」「強い」などキーワードをちりばめて「こんなキャラ」としているが、漫画のキャラっだからって絵に描いたようなお嬢様が出て来たりするじゃないか、最近は。
ああいう雑な造型でなく、キーワードを踏まえて、生活描写に織り込んで読ませてくれる。
本編に出てこない裏設定って、あまり興味もないし意味も感じないけど、設定を読んでしっかり腑に落ちる描写だからな。
それをあとがきで示すってのは、ここまで読んだ人にはご存知の通りという、自信ではないかとも思った。
乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
(2009/10/15)
森 薫

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/658-a237edb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。