09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
そりゃぁ瞬間移動もするよ!「新吼えろペン」7
2007/04/22 [Sun]16:13
熱血漫画家・島本和彦による熱血漫画家についての熱血漫画シリーズ20冊め。燃えペン、吼えペン、新吼えペンで20冊かぁ。さすが本人が「(漫画家が漫画家の漫画を描いて)面白くならないわけがない!」と断言していた作品だ。

「新吼え」になってしばらくアシスタントの話になったり、ライバル漫画家との対決や意地の張り合いになってたりと、キャラクターギャグになってたのだが、最近は漫画制作の現場を燃料にして爆発させる本来のスタイルに戻ってきた。

島本漫画で必然的に生まれる名言も「我慢できるひとが我慢しないと!」(裏表紙にもある)をはじめ、多く誕生している。

自分は仮面デスク・星さんの過去に迫った回で爆笑。
「そりゃぁ瞬間移動もするさ!」って! しないよ! でもできそう!
そして伝聞とはいえ異常であいまいな「仮面をかぶるまで」が納得できる逸話として受け入れられていく作中世界はまさに漫画なのだが、この巻を通して読んでると漫画家や漫画業界ってホントにそういう逸話を信じられる世界なのかもと思った。

でも、若いころの仮面なし星女史を想像する際に「頭の中でキャラクターを設定する」過程が入るところに漫画家漫画としての徹底があって面白い。

漫画業界、漫画業界人、漫画的人物をネタにまだまだ読みたい。作者が漫画業界にいる限りネタは尽きないだろうし、大丈夫か。

新吼えろペン 7 (7) 新吼えろペン 7 (7)
島本 和彦 (2007/04/19)
小学館
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/67-a8b332e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。