04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
賞賛を浴びる「榎本俊二のカリスマ育児」(榎本俊二)2
2009/12/16 [Wed]09:26
カリスマ下品ギャグ漫画家の子育てエッセイ漫画。
久しぶりな気がしないのは「思ってたよりフツーですね」が挟まってるからだ。
エッセイ漫画の主人公顔に覚えがある。

協調性と自主性と社交性には欠けるが、漫画のアイデアは湯水の如く沸き、行儀のいいインドア派女子のお姉ちゃんが大活躍。
いや、弟のデカ助はまだイタズラと夜泣きくらいしかできないのだが。

子どもが転げるだの、外食が大変だの、田舎の実家に連れて行ったら虫を恐れるだのなんだの、列記していれば普通の育児漫画なんだが、なんでか面白い。
主人公が呑気だからか。育児にありがちな大慌て、大騒ぎ、やたらな感動感激の演出(自作自演だよまさに)がなくて、出来事の唐突さや奇妙さやビックリがすぽっと届けられる。

これはいつもの榎本漫画じゃないか。そりゃそうなんだが。

執筆時点でこの子たちは何歳なんだろう。なにしろバーベキューのイラストで「ムーたち」が生まれたんだから、わりと育っているはず。
圧縮してるからテンポよくネタにできるし、そこが面白い。ネタは普通だが読ませ方で笑える。
仮に他人の育児ネタでも、すべらない話よろしく面白く描くのだろうか。


関連で妻執筆の「愛ある暮らし」も読んでみるか。

榎本俊二のカリスマ育児 2 (akita essay collection)榎本俊二のカリスマ育児 2 (akita essay collection)
(2009/11)
榎本 俊二

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/672-ef0d5611
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。