03« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»05
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
余はカエサルだぞ!「我が名はネロ」(安彦良和)1-2
2010/01/12 [Tue]09:08
遅ればせながら文庫で読む。

キリスト教の弾圧や、ローマを焼いた皇帝ネロの話。
1巻は母を乗り越えて、皇帝として自立していくのだが、精神的な歪みはともかくとして皇帝の業務をそこそこにこなしている。
政情が安定しているし、市民や元老院が不満を持っていないうちは皇帝は遊んでいられる。
ネロが「求めずして国から贈りゆだねられた王位」は安定と栄華に根ざしているのだが、
少年ネロはそれを窮屈に思い、贈り主の象徴たる母から離れていく。

ネロ個人の黄金時代はそこから始まるのだけど、皇帝は個人ではありえないし、変態母性がウザいからって親子関係すら拒絶したら孤独になるだろう。

孤独を埋めるように、脂肪をたくわえ、肉欲とギリシャから借りた芸術に興じる2巻の「ふっくら顔」が哀れなこと。
その対比に出てくるのは、節制や愛を訴えるキリスト教だ。
ペテロやパウロが、イエス不在の時代に復活や神の存在を説くのだから、ネロでなくとも怪しむのが当然なのだけど、不安な時代には人智を超えた柱が求められるわな。
(「イエス」の後日譚でもあるよね、この辺は。うさんくさいのも納得)

人間、理屈や実体験で理解できる範囲では、限界があるんだよな。
安定した時代ならそれでいい。しかし、不安定、不満足な状況では、人智を超えた方向性や理屈ではない存在にすがる。
計算にだって、ゼロや虚数を使うのだ。

社会性を切り離した俗物皇帝には、それがわからない。
皇帝はシステムのてっぺんでしかないのに、独り立ちできると思ってしまった。
哀れな少年の屈折と暴走と挫折だけど、個人と社会と人智を超えたものとの関係性は、重たく読める。

ただの大馬鹿野郎、ではない。
自律と孤独、欲望と指導力、演説と権威、権力と統治装置の、バランスと余裕。
ネロは必然的に歪んでいくんだよな。


我が名はネロ (1) (中公文庫―コミック版)我が名はネロ (1) (中公文庫―コミック版)
(2003/07)
安彦 良和

商品詳細を見る
我が名はネロ (2) (中公文庫―コミック版)我が名はネロ (2) (中公文庫―コミック版)
(2003/08)
安彦 良和

商品詳細を見る


「イエス」(安彦良和)の読みログ

イエスイエス
(2003/03)
安彦 良和

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/688-faaa5ab9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。