04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
あとはよきにはからえ「週刊マンガ日本史 足利義政」
2010/01/30 [Sat]09:01
尊氏、義満ときて義政。
マンガは眠民。

人物像が薄いからか、漫画もあっさりめ。
鬼妻のはずの日野富子との関係が、漫画らしく「私に任せて」のドラマになっている。
史実に内面描写を重ねるのがシリーズの常道だからして。
しかし、主要人物となる細川勝元とか山名持豊とかのキャラも薄いんだよなぁ。ここがコッテリしてたら、涼やかな義政と対照になったか。
または、応仁の乱の悲惨さをもっと派手に。

無力な風流将軍は困るんだけど、それでも機能するようになってない幕府の体制がもっとよろしくないな。
跡目や実権を争うのは周辺の政治家として当然の上昇志向なんだから、そこを抑えて使う……って、飛鳥時代からやってることのはずなんだが。
なんだかだケンカが異常に強いとか、呪術を使うとか、潤沢な資産があるとか、そういうのを統治機構に組み込んでおかないとな。

付録の人物カードは「夢窓疎石」「足利直義」「北畠親房」「足利尊氏」「観阿弥」「足利義満」「尚巴志」「足利義教」「赤松満祐」。


いつもの不細工になるパターンの逆で義満がイケメンだったら面白かったのだが、わりとそのまま。
しかし、自分の歴史知識がアレなのだが、知らない人が多いぞ室町時代。
尚巴志は琉球王国の初代国王か。そのまんまチャイナ風。
足利義教の性悪さの顔がたまらんな。説明を読むとやはり万人恐怖の世を招いたとか。どんなだ。

紹介されている関連書籍は金閣銀閣の本、鎌倉室町の本。
石ノ森章太郎の「マンガ日本の歴史」から応仁の乱。
義政単独での資料がないのか? あわれだな、風流将軍。

マンガ 日本の歴史〈22〉王法・仏法の破滅―応仁の乱 (中公文庫)マンガ 日本の歴史〈22〉王法・仏法の破滅―応仁の乱 (中公文庫)
(1997/12)
石ノ森 章太郎

商品詳細を見る


調べ学習日本の歴史〈4〉金閣・銀閣の研究調べ学習日本の歴史〈4〉金閣・銀閣の研究
(2000/04)
玉井 哲雄

商品詳細を見る


人物なぞとき日本の歴史〈3〉鎌倉・室町時代人物なぞとき日本の歴史〈3〉鎌倉・室町時代
(2008/04)
高野 尚好

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/697-40e3b563
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。