09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»10
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
オデサッサ作戦の開始だな「トニーたけざきのガンダム漫画Ⅲ」(トニーたけざき)
2010/02/01 [Mon]09:59
田中圭一と手塚治虫の勢いだが、本家と同じ雑誌に載っている脅威のパロディ漫画に新刊が出た。
(本家を同じ雑誌じゃなければ問題が大きすぎるわけだが)
もともと煙や陰影、テカりなんかのタッチが似ているのかしら。
スミでざっくり陰を落とすとか、単色のボワンで周囲の雰囲気を作るとか。

ともあれ、ガンダムネタと安彦良和タッチの両方がわからないとサッパリ楽しめないので、読む人を選ぶはず。
オデサッサ作戦にしても、場の緊張感やセリフまでわかっていてこその笑い。

シャアやセイラ周りや「デギンの杖」はともかく、「美しすぎる少年兵E」までネタになる。
忘れられているからこそなんだけど、掘り返すところがすごい。
「リアルロボットオタ」とかな。

TV版検証シリーズとして「いきます」やセイラのあめと鞭、ランバ・ラル白兵戦のデータは、
これだけガンダム情報の本があふれている中でも貴重な資料(徒労感もあるが)でもあるような、ないような。
基本はファン、視聴者の目線で、過剰なリスペクトもエグすぎるいじりもしていないところがいい塩梅。
(そこが関西っぽいのか?)

しかし、ガンダムの手にあるポッチがランバ・ラルの墓だったとはなぁ。わはは。
4巻も楽しみ。って、いつになるんだろう。

トニーたけざきのガンダム漫画 III (角川コミックス・エース 113-3)トニーたけざきのガンダム漫画 III (角川コミックス・エース 113-3)
(2010/01/21)
トニー たけざき

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/698-75f1c527
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。