07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
犬には犬の世界があって「ビッグ作家 究極の短編集 白土三平」(白土三平)
2010/02/08 [Mon]09:01
古書店でサルベージ。大家のビッグコミック作品から編む作品集で、自分はほかに水木しげるも持ってたはず。石ノ森章太郎もか?

メッセージ性や世界の捉え方はどうあれ、形式では忍者漫画で有名な作者なので、収録作品も忍者ものが多い。
「忍法秘話」から「スカルの死」のように、忍術おそるべしな作品も収録しているけれど、忍術の技を軸に戦闘シーンを描きつつ、技だけで人生はたちゆかないペーソスがあるのは、期待どおり。
「遠当」なんて、達人が群衆にボコられてエンドだよ。
解説まで入れて忍術、力の仕組みを明らかにしつつ、さくっと転ばせる。

で、「究極の」と冠した短編集だけに、現れる作者の個性ってなんだろう。
簡単すぎる言葉だけど、「どう生きるか」かな。生きるためにもがくこと。
それは他人を犠牲にすりことかもしれないけど、人は生きねばならない。一生懸命じゃないことに冷たい。
クールでもハードボイルドでも熱血でもないけど、かっこいい生き様であるな。

しかし、一生懸命のつもりが犬には通じてなかったという「野犬」も収録してるんだよなぁ。
もがく人間にも傲慢さの指摘を忘れない。
長編で読まないといけない作家性だと思った。さくっと指摘されると戸惑う。じっくり向き合いたい人生観だ。

白土三平―ビッグ作家究極の短編集 (ビッグコミックススペシャル)白土三平―ビッグ作家究極の短編集 (ビッグコミックススペシャル)
(1998/02)
白土 三平

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/704-8e6f6311
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。