09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»10
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
ぜんぶなつかしくて「ちいさなのんちゃん すくすくマーチ」(永野のりこ)
2010/02/10 [Wed]09:14
実はよく読んでる(読んでた、か)作者なんだけど、ログするのは初めてなのか、とここで知る。
子育て漫画も、振り返ればよく読んでいる。

連載は産経新聞(1995~1998年)で、アスペクト版の単行本が1999年。そこから抜粋、修正、加筆したと奥付にある。
いまやアニソン歌手の娘さんが20代として、10年ちょっと前は作中で出てくる「大きくなったのんちゃん」のとおりに中学生か。

アニソン歌手になっていく過程が緻密にオタオタしく描かれているわけでもなく、そういったエピソードがあれども主流ではなくて、面白いお母さんとかわいい子どもの話。

子育て漫画だから、子どもがこんなことした、子どもと一緒に何した、子どもがどうなったという話になるんだけど、「ちいさなのんちゃん」の場合は、子どもを通じてお母さん(作者)が遠いところに思いを馳せることの多いこと。
テンパったりズッコケたり、笑いを生むボケ役がお母さんで、むしろのんちゃんは安定して元気なツッコミ役だ。

はかなくさみしく、おぼろげで貴重な存在として子どもを見ている。
成長していく姿を思い出しながら描くんだし、子どもを相手にしていると時間の重みを強く感じるんだろうなぁ。

旦那さんがあまり出てこないのが男性読者としては複雑な気持ちでもある。

読み返したくなってくるなー。「電波オデッセイ」でも引っ張りだすか。

ちいさなのんちゃん すくすくマーチ (BEAM COMIX) (ビームコミックス)ちいさなのんちゃん すくすくマーチ (BEAM COMIX) (ビームコミックス)
(2010/01/29)
永野のりこ

商品詳細を見る


Little Non THE BESTLittle Non THE BEST
(2009/11/25)
Little Non

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/705-305d94f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。