FC2ブログ
08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
みんな妖怪ですよッ!!「水木しげるの遠野物語」(水木しげる)
2010/02/11 [Thu]09:19
御大、米寿にして新作を描く。原作は柳田國男の遠野物語。
いつでも描けたような気もするし、作者を不老不死と仮定するとこの先でもいいのだが、2010年は遠野物語100周年なんだそうな。

原作は読んだことないのだけど、聞いたままの説話集というのは知ってる。
ザシキワラシ、山神、ヤマハハ、河童、雪女、オシラサマら、遠野の神々や霊的な事象、人ではないものとの付き合いが描いてある。

説話らしく「こういうことがありました」でさくっと終わったところに、時折(わりと頻繁に)水木しげる自身が作中に登場して感想を添えるだけ。
短いものは短いまま。一コマで解説されていたりもする。
外国人だったんじゃないかとか、自然現象に名前をつけたのでは、教訓のためだとか、無理に解明しない。
神々、妖怪の仕業であると受け入れる。
御犬や山神はもう、どうしようもない。逆にまったくの幸運もある。
幸不幸について、行いがいいとか、無垢であるとか、その辺が関係ないのも面白い。

このあっけなく、無力感すらある世界は「考え込んでもなぁ…」という自然への畏敬となっているし、実に水木しげる作品らしい。
作中で遠野物語が作家活動の参考になったことも言っているけれど、神々や妖怪の事象から、接し方も影響受けてるのではないかと。
この調子でぜひ「遠野物語拾遺集」も描いていただきたい。
なにしろ前世を想起してしまうほどお気に入りなんだから。


しかし、柳田國男邸を移築した喜談書屋(緑蔭小舎遠野)の豪華さに、我に返るもであった。
充実した設備で、ぜひ妖怪会議を! って実際に民俗学の社交場になってるんだろうな、きっと。

水木しげるの遠野物語 (ビッグ コミックス〔スペシャル)水木しげるの遠野物語 (ビッグ コミックス〔スペシャル)
(2010/01/29)
水木 しげる

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/708-e323a6d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。