09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
ただの生首だったのです「創世記」(星園すみれ子)
2010/02/19 [Fri]09:35
新規開拓だと思ってタイトル&ジャケで買う。青林工藝社舎だし、冒険にはいいところ。

表題作の『創世記」は、巻末の米澤嘉博の解説どおり、パロディなんだけど語りかけるものでなく、事象をすり替えて楽しんでいる模様。だから安心して笑える。
叙情的なところで、ふいに生首の放物線が出てくるのだから。

表紙の絵柄どおりに、メルヘンだけどどこか生気のない(自我が弱そう)少女たちが、なんだかだ暗黒の世界に落ちていく短編集だ。
暗黒の世界といっても少女を汚すものでなく、残酷な天幕の中や深淵だ。

ダークな世界だけど、暗くはない。黒い。
「テヲレマ館」のように少女の人間関係の黒さが似合うのだが、似合いすぎるんだろうな。きっと。
それでは物足りない。
むしろ「創世記」のように、ざっくりデカイ視点だと、作風の暗黒ぶりが浮き立つってことか。

創世記創世記
(2006/05)
星園 すみれ子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/714-60fff30f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。