08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
ワタシヲマモッテ「マザー・コスモス」(杉山実)
2010/02/20 [Sat]09:57
「創世記」と一緒に買った青林工藝舎の漫画。

機械が発掘される終末後の世界。巨人(ロボット)に乗って冒険する少年。遺跡から現れた謎の少女。
世界を制御する巨大なエネルギー……。
80年代のロボットアニメか、ファイナルファンタジー(4~6くらい)のような世界と舞台で、演出もセリフ回しもその路線でイカシている。

メカデザインが独特にかっこいい。モノクロでスクリーントーンも使ってないため、油ギッシュでボルトがきしんでそうな味がある。

父を探す少年が、母の愛と再会して、親も親で子離れできてメデタシの物語については、
スケールがデカくなって主人公の少年がおいてかれるところも含め、
細部でどうにも「どこかで見た」演出や展開を感じてしまうが……王道といえば王道。踏み固められた道。

思えば青林工藝舎の漫画なのに王道ってどういうことだ!(笑)
トバシ気味の絵と世界設定で突っ走ってるところが「らしい」のか。

巻末にも世界設定が記され、バードマンたちだけで一本描けそうだし、
漫画の構成よりも先に世界の創造があったと思われる、作者思い入れを感じる舞台だ。
漫画に限らずキャラクターデザインも手がけるアーティストだからかな、作者が。

マザー・コスモスマザー・コスモス
(2005/11)
杉山 実

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/715-9cab43e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。