10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
あくまでもスマートかつ渋く「きまぐれな輝き」(川崎タカオ)
2010/02/26 [Fri]09:04
表紙から出オチの感もあるが、面白かった。
基本的にはダンディー、ジェントルを装いつつ、または装っているからこそ滑稽になってしまう男の哀愁ギャグ。
その象徴がバードガイで、親分を主役にもっと読みたいぜ。

おおひなたごうに通じる、似たジャンルの笑いだが、ダンディーを気取りきれない苦しみに味がある。
(おおひなたごうの場合は、最初から滑稽だとしてダンディーしている、のではないか)

収録作品だと「自称探偵」のわびしさや、「紳士同盟」のダサさがいい。
最後の「さらば変わった友よ」もいいんだけど、ギャップで笑う、楽しむスタイルは共通なので、さすがに飽きる部分もあるんだよな。
ギャグ漫画のつらいところなんだが、だんだんキレ味が鈍く感じる中で、単行本としてはアンカーの重責を担うわけだから。

で、巻末の本秀康・スージー甘金・川崎タカオの対談によれば、なんとギャグ的な面白さを出したのはリトルモアの「へたれチキン」の方なんだそうな。
なんということだ。こちらは漫画としての形式を踏まえているらしい。

破壊力に期待して「へたれチキン」も読もうかな。

きまぐれな輝ききまぐれな輝き
(2007/11)
川崎 タカオ

商品詳細を見る
へたれチキンへたれチキン
(2004/07)
川崎 タカオ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/720-34f440bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。