10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
神体は予自身じゃ「週刊マンガ日本史 織田信長」
2010/03/02 [Tue]10:38
Dr.コトーの山田貴敏が描く織田信長。

信長の話だと、おおうつけ時代から始まるんだけど、漫画では桶狭間の戦いから天下布武までをぎゅっと描いている。
桶狭間の豪雨がまた上手い。Dr.コトーはまともに読んだことないけど、雨の中、嵐の中でってシーンは覚えてるものな。緊迫感と疲労感。

天下布武の朱印状を出して天下統一した信長が、安土城を建てさせて神となろうとする。
コラムでは茶の湯を政治利用し、茶器に領地と同等の価値を加えたのも信長だとある。
権利やブランドを付与できるんだから、信長はまさに神というか、上位の存在だよな。

漫画は信長の神宣言で終わるので、次号の明智光秀編に続く形か。
本能寺の変しか印象にないけど、戦国時代の農村なんかも解説してくれないかしらー。


付録の人物カードは「明智光秀」「柴田勝家」「織田市」「大友宗麟」「加納永徳」「千利休」「石川五右衛門」「豊臣英次」「足利義昭」

柴田勝家の顔がダルマのような上下逆にもできる騙し絵のようでヤバイ。
石川五右衛門って安土桃山時代の人だったか。ゲームの「がんばれゴエモン」で通行手形が出てくるから、てっきり江戸時代かと思うよね。

関連資料としては以下が掲載されている。
コミックはポプラ社だし、資料に基づいたものかしら。城の本はいろいろあるけど、城に天守を乗っけたのも信長の安土城からだとか。
スポット情報も安土城関連。消失して図面も明らかでないから、ロマンあるネタだ。

織田信長 (講談社 火の鳥伝記文庫)織田信長 (講談社 火の鳥伝記文庫)
(1983/05/03)
鈴木 俊平

商品詳細を見る
戦国人物伝 織田信長 (コミック版日本の歴史)戦国人物伝 織田信長 (コミック版日本の歴史)
(2007/11)
すぎた とおる早川 大介

商品詳細を見る
日本の城 ―透視&断面イラスト日本の城 ―透視&断面イラスト
(2009/05/21)
香川 元太郎(かがわ げんたろう)西ヶ谷 恭弘(にしがや やすひろ)

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/721-219eeac9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。