09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
その行く先を知るは降りしきる雪「紅い部屋」(上村一夫)
2010/03/13 [Sat]09:05
「上村一夫 晩年傑作短編集 1980-1985」という冠のついた短編集。
表題作の「紅い部屋」と「一葉裏日誌」はまさに最晩年の作品。

「一葉裏日誌」は持ってないから、ここで読めてよかったと思いつつも、
でもつまみ読みでなく通しで3巻読みたくなる…。短編集ってそんなもんよね。

色恋にレズビアンとか貧乏とか女郎屋とか、ドブと酒の匂いがして土にまみれた場所を、生き生きと描くんだよな。
80年代にしてもポップな雰囲気ではなかったと想像するが、それだけに時代っぽさを浅はかに背負うことなく、明治や昭和を描き残せたんだろう。

お話にしても、無駄に入り組まず、それでいてじっとりとしみこむ重さがある。
必要以上に饒舌でもないのに趣のあるセリフと、キレのある動きで深く読めるのよね。
長く読まれる、受け入れられるってのは、こういう重みからか。

「白い夏」とペア刊行されているので、品切れにならないうちにそっちも読まなきゃ。
「白い夏」は1970-1972の初期作品集だそうで、絵や見せ方、語り口の違いを楽しめそう。
(意外と変わらないのかな)

紅い部屋―上村一夫晩年傑作短編集1980-1985紅い部屋―上村一夫晩年傑作短編集1980-1985
(2009/10)
上村 一夫

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/727-a6a74043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。