06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
束の間の黄金時代を「週刊マンガ日本史 豊臣秀吉」
2010/03/12 [Fri]09:05
信長、光秀に続いて秀吉。
漫画は納都花丸で、やはり光秀討伐後に、小田原と奥州を平らげて天下人になるところ。
表紙の秀吉がもう半分、猿。

小田原征伐がメインなので、家康よりも伊達政宗が重要な役どころなんだけど、
家康、利休をモブ扱いにざっくり描いて伊達がイケメンだ。需要を見越したバランスか?

立身出世編と天下統一編、没落編の3部に秀吉伝を分けるなら真ん中部分を描いてある。
陽気な性格だが孤独な策略家としての面が出ていて、子ども向けの人物漫画としてまとまりがいい。
源頼朝の像と対話して、自らの半生を自分で評価している様は、漫画でなくても没落フラグを握りしめているようなもの。
戦国時代でなければありえなかった天下取りだが、前代未聞の出世なのは確か。
最後まで出自のコンプレックスはあったのかもなぁ。


付録の人物カードは
「加藤清正」「伊東マンショ」「角倉了以(すみのくらりょうい)」「高山右近」「真田幸村」「淀殿」「豊臣秀頼」「古田織部」「徳川家康」
伊東マンショって天正遣欧使節、か。この少年たちも漫画になりそう……って、キリスト教関係の文献でありそうね。

掲載されてる関連情報は長浜城、大阪城、小田原城。
関連書籍はもちろん「太閤記」。でもいろんな太閤記があるんだなぁ。

太閤記 (これだけは読みたいわたしの古典)太閤記 (これだけは読みたいわたしの古典)
(2009/02)
古田 足日

商品詳細を見る

川を治め水と戦った武将たち―武田信玄・豊臣秀吉・加藤清正 (土木の歴史絵本)川を治め水と戦った武将たち―武田信玄・豊臣秀吉・加藤清正 (土木の歴史絵本)
(2004/07)
かこ さとし

商品詳細を見る

豊臣秀吉―戦国の世を統一した天下人 (学集漫画 日本の伝記)豊臣秀吉―戦国の世を統一した天下人 (学集漫画 日本の伝記)
(1988/02)
柳川 創造久松 文雄

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/728-ed73ddb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。