09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
お祖父さまはキングオブテツ「月館の殺人」(佐々木倫子・綾辻行人)上下
2010/03/17 [Wed]09:36
テツ道ミステリ漫画を読む。
鉄道に詳しくない女性が主人公で、テツに囲まれた状況が舞台なので、用語なんかの解説は豊富。
用語も「鉄子の旅」を読んでいればわかりそうなものが多い。

ミステリだけに内容について振り返りにくいのだけど、原作者もあとがきに記すように、佐々木倫子のタッチありきで成立している。
テツオタたちは、最初「ちょっと不思議で」「共通点がみつからない」男性集団として登場する。
でもそれぞれダイヤや写真などにこだわるテツであり、徐々に趣味や異常な(面白い)言動が露に。

この「一見ふつうの人」を描けるのは佐々木倫子の技なんじゃないか。変人を描かせたら天下一品。
実際、テツも隠れる必要がなくなった世の中だけど、全身でテツオタですと表現している人は少ないと思うし。
「テツじゃない!」と主張する精神的なところもテツらしい。
あの間とシリアスな顔と、宙に浮かぶ例のタイポありきの「テツがいる奇妙さ」。

「そういうものなの!」と主張し、テツのルールに厳しい姿は、十蔵氏の末期のセリフにも現れるし、
なによりトリックの土台が「鉄道に乗ったことがない」主人公の設定によりかかっている。
空海の目線を共有し、テツと幻夜に囲まれた状況を体感できるから成立するギミックだよなぁ。
これ、小説で読んだら「なわけねぇよ」と思うかもしれない。

面白いなー。
IKKI鉄道漫画の関連で「阿房列車」も読もうかしら。

月館の殺人 上巻 新装版 (IKKI COMIX)月館の殺人 上巻 新装版 (IKKI COMIX)
(2009/01/30)
綾辻 行人

商品詳細を見る
月館の殺人 下巻 新装版 (IKKI COMIX)月館の殺人 下巻 新装版 (IKKI COMIX)
(2009/01/30)
綾辻 行人

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/730-9eb26934
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。