04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
槍を持って闘う時代が終わった「週刊マンガ日本史 徳川家康」
2010/03/26 [Fri]10:13
戦国時代最後を飾るのはもちろん家康。
漫画は氷栗優。なんといっても、この家康が狸顔でははない。
これまでの号で、脇役でもなんだかだ狸顔で描かれていたのに、いきなり顎の細い、いかめしい老将として描かれている。
付録の人物カード(藤原カムイ)とあわせて、歴史上の人物の肖像なんてわからないものだということだね。


渋き老将・家康が見すえるのは戦のない時代。
幼い頃の描写はないけれど、戦乱期ゆえに生い立ちに苦労があったことが伏線なのかもしれないが、戦国時代ではどこの武家でもそんなんだったのではないか。
勝てば主人公、だな。

「戦がないと食うにも困る地獄の亡者どもめ」と家康は戦国武将を吐き捨てていて、
それと戦バカの真田幸村が好対照に出てくる。いい敵役だなぁ。
しかし、紹介されている幸村の肖像画がひどくブザイクで、やっぱり負けたからかと思ってしまった。

河合敦さんのコラムでは、家康が源氏を名乗るまでのうさんくささが語られている。
漫画では野心家の面が描かれてなかっただけに、いいバランスの号だ。
次の24号は徳川家光。

付録の人物カードは「山田長政」「徳川秀忠」「伊達政宗」「天草四郎」「春日局」「宮本武蔵」「中江藤樹」「柳生三厳(柳生十兵衛)」「徳川家光」

紹介されている資料は山岡荘八原作・横山光輝漫画など。大坂の陣だけで本ができるんだな。

新装版 徳川家康(1) (講談社漫画文庫)新装版 徳川家康(1) (講談社漫画文庫)
(2010/01/08)
横山 光輝

商品詳細を見る

徳川家康 (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記)徳川家康 (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記)
(1999/02)
西本 鶏介

商品詳細を見る

大坂城炎上―ついに決着、徳川・豊臣の対決 (ものがたり日本 歴史の事件簿)大坂城炎上―ついに決着、徳川・豊臣の対決 (ものがたり日本 歴史の事件簿)
(2006/12)
小西 聖一

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/735-9baa1f9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。