FC2ブログ
08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
その一票を投じてくれ「鈴木先生」(武富健治)9
2010/03/30 [Tue]09:33
立会演説会から投票、開票へと生徒会選挙は進む。

作者が西に語らせているのは、投票行動そのものへの疑問。
なにしろ西は生徒会選挙のために出て来た人物だからな。
毎回、テーマごとに熱く語り訴える人物は、作者の代弁者なんだと思う。
(それに対して答えが確定できてるから描けるんだろうな)

だから、本心では、漫画や生徒会でない選挙にも一言あるだろう。
公正に見える手続きに沿えばいいということではなく、そこにある欠点、裏に隠される事象。
そこまで気を配っているシステムはもちろんあるのだが、
「とりあえずそうしておく」と「常に柔軟に変化させる」はまったく違う折衷案だからな。

で、実際の選挙結果を見れば、西に流された層もそこそこいそうに思える。
それでいいんだよな。
大事なのは変化し行動し訴えることで、選挙を「ダメなシステムだ」と断じているだけじゃいけないわけだし。


で、続くエピソードは文化祭。演劇部とクラス劇で早くももめていて、そこに足子まで出て来てしまう。
あれだけ理屈で語り、考え抜いて行動した選挙の話のあとに、理屈が通じない足子先生が出てくるとは。
油断できないぜ!

演劇そのものについても語られそうで、楽しみだ。

鈴木先生 9 (アクションコミックス)鈴木先生 9 (アクションコミックス)
(2010/02/27)
武富 健治

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/739-b9185045
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。