07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
あれだって…あれだって!!「ガレキの翔」
2007/05/01 [Tue]09:09
古書店で発掘。06年の新装版と、より大きな徳間書店のキャプテンコミックススペシャルの両方が並んでいた。表紙にガレージキットの写真が含まれている後者を買う。

最初の見開きが「砂煙の中の校舎に転校」のお約束感。すでにセルフパロディだったんだろうか。

主人公は顔にキズのあるイケメン・ちょい不良っぽい佇まいで、漫画的にはモテの線としても成立する。でもガレージキット作りが趣味で、転校早々のあいさつにガレキを配る。ヌードデッサン目当てに美術部に入る。ためらいなくオタクだ。ねちっこい説明や「どうせわかってもらえない…」的ないじけがなくて、真正面で模型オタク。
ライバルは長髪のキモオタ風だったり、エロや売れ線へのこだわりも生で出す。
それを最初に敵視するのは学校のヒロイン。先生じゃなくて女子に軽蔑される出だし。
「女の子ばっかおいかけてる いやらしいアニメファンだけよ
こんなもん つくったりもらったりしてよろこんでるのは」
だ。今の視点でいえば現実の女の子への欲求を前提としてフィギュアで代償しているのはまだ健全ですなという気になるな。今やリアル女子は汚い、アニメゲームのヒロインはキレイ、という見方もあるわけで。


ガレージキットに対するカーブした情熱と、客観的な状況、関係者のパーソナリティをひっくるめて、熱血ギャグにパッケージング。丁寧な漫画とはとてもいえないけど島本手法にかかればガレキもこうなるということで。

……特にお勧めはしない。

ガレキの翔 ガレキの翔
島本 和彦 (2006/10)
フォックス出版
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/74-1f150469
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。