09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
まさしく混乱(バベル)ですね「諸星大二郎ナンセンスギャグ短編集」珍
2010/03/31 [Wed]09:46
「珍」と「妙」をセットで買ってしまった。

結果的にギャグになってしまう作品は「栞と紙魚子」でも読んだことがあるけど、短編ギャグだとまた違う。
怒々山博士はギャグのために生み出されたキャラだしなぁ。顔からして、
星新一が好きな人は楽しめるのではないか。ちょっと違うか。もっとズレてるし、秩序がない。

ドジから「ど次元」みたいなダジャレ、だまし絵のようなネタがあって、まさにカオス。
でもそのカオスにしても、よくも見事に混ざってる風景。ただのぐにゃぐにゃとかじゃない。
どっからどうみてもバラバラの、ぐちゃぐちゃで、意外とスカッとしている。そんな空間。

最後の「無題」にいたっては、前代未聞のカオティックギャグ。
スジがありそうでつながらない。アイデアや場面のメモかと思いきや、単体で「未完」って、これどうやったら完成なのという。
普通に考えれば商業出版に載るものでなく、もちろんここが初掲載。

レアな意味での「珍」作が載っている。

諸星大二郎 ナンセンスギャグ漫画集・珍の巻諸星大二郎 ナンセンスギャグ漫画集・珍の巻
(2010/03/06)
諸星大二郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/740-b8a00d39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。