07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
最初の血が溢れ出た「シグルイ」(山口貴由・南條範夫)14
2010/04/05 [Mon]09:37
始まりそうで始まらない御前試合の事前描写が掘り下がる。

以前は展開の遅さにイライラさせられていたが、今はなんだか落ち着いてきて、
いくらでも待てるし、むしろ引き延ばしてほしいとすら思っている。

藤木や清玄が何かに感じ入り、苦しみ、昂ってほとばしるシーンは折りに付け挟まれるのだけど、
「出た!」「待ってました!」「筋肉張ってるよ!」
という心境だ。読んでる自分も成長したものだよ。

この巻での勝敗は藤木側。
生まれにコンプレックスのある清玄は、もはや「勝ち」を踏まえて夢想している。
それは欲であり邪念。勝ちたいんじゃなくて、名声がほしいのだもの。
対して藤木は三重を手にするために、勝ちを目指すことを心新たに誓っている。
構えとしては藤木の優勢勝ちだよな。

登城中にすれちがう緊迫のシーンも、原作にあったっけ。あったと思う。
もう読み返すことはなくて、あったような気になってる。それでいい。

シグルイ 14 (チャンピオンREDコミックス)シグルイ 14 (チャンピオンREDコミックス)
(2010/03/19)
南條 範夫

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/744-42f18784
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。