09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
それでこそ我が主ッ!「週刊マンガ日本史 徳川家光」
2010/04/03 [Sat]09:39
徳川幕府の基礎を築いた三代目。

漫画は岩崎美奈子。
鎖国、参勤交代、キリシタン弾圧など、政治もいろいろやってるんだけど、漫画は若大将がいかに天下を踏み固めたか、という物語。
学習漫画とは離れた作りで、これもまた面白いなぁ。
人物紹介のところでも伊達政宗に「超ダンディーな老大名」とあり、人間関係が漫画みたいだ。

家光と堀田正盛、松平信綱のトリオに伊達政宗の配役が絶妙で、話が楽しく展開していく。
戦国の世からの「うるさがた」を退場させ、若き者の時代の中心となっていく、戦国とは異なる出世漫画。
バカでグズな三代目という評判をハッタリと豪腕?で跳ね返し、260年の基礎を固めたんだから立派なものだ。

将軍になれなかった忠長についてはかわいそうだが、その狂気については「シグルイ」参照、だよね。


付録の人物カードは
「由井正雪」「佐倉惣五郎」「林羅山」「松平信綱」「シャクシャイン」「後水尾天皇」「山崎闇斎」「山鹿素行」「井原西鶴」

カードでも、信綱はいるけど正盛はいない、というのが泣ける。
由井正雪は慶安の変の人で、漫画「蛮勇引力」でも同名の浪人が未来の東京で暴れている。
(なんで思い出すかといえば、「シグルイ」と同じ作者だから)

関連資料は、家光本人よりも江戸時代、江戸そのもののものがメイン。戦国時代から江戸時代へ完全に切り替えた人なのね。
百姓たちの江戸時代 (ちくまプリマー新書)百姓たちの江戸時代 (ちくまプリマー新書)
(2009/06)
渡辺 尚志

商品詳細を見る

図説江戸城その歴史としくみ 決定版―超巨大城郭の実像と知られざる内幕に迫る! (歴史群像シリーズ)図説江戸城その歴史としくみ 決定版―超巨大城郭の実像と知られざる内幕に迫る! (歴史群像シリーズ)
(2008/03)
不明

商品詳細を見る
徳川家光―キリシタン追放と鎖国 (学研まんが人物日本史 江戸時代(前期))
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/746-3d37a7d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。