09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
我々は…人間だ「週刊マンガ日本史 シャクシャイン」
2010/04/14 [Wed]09:07
戦国時代を経た「天下統一」の中で、蝦夷も「天下」に組み込まれようとしていた。
漫画は「JIN」の村上もとか。カラーが色濃い。どぎつい、というか。

交易というなの収奪と支配が進み、それに反発する。
経済の規模が不均衡だと、公平な交易は成り立たない。

この号はとりあえず「天下」のエリアを見直させるためだね。

で、シャクシャインは何を残せたかというと、実質は無力だった。
犠牲になることで何かを引き出すこともできず、交渉としては(あとではなんとでもいえるけど)失敗。
これ以上の北へ行くこともできず、保護されては生活ができずだから決死しかないのだが。
でも明治まで同化が進められなかっただけでも、いいのか。

70年代からアイヌ解放の運動もあるのだな。70年代から。


付録の人物カードは
「菱川師宣」(浮世絵)、「松尾芭蕉」(奥の細道)、「宮崎安貞」(農業全書)、
「河村瑞軒」(材木商)、「徳川光圀」(大日本史)、「大石内蔵助」(忠臣蔵)、
「市川団十郎(初代)」(成田屋)、「関孝和」(和算)、「徳川綱吉」(生類哀れみの令)
用語で捕足してみた。勉強っぽい。

関連資料もアイヌ絡み。
絵本も珍しいし、レコードが資料になっているのは初めてじゃないか?

日本各地の伝統的なくらし (7)日本各地の伝統的なくらし (7)
(2006/04)
須藤 功

商品詳細を見る

シマフクロウとサケ (日本傑作絵本シリーズ)
シマフクロウとサケ (日本傑作絵本シリーズ)
(2006/09/20)
宇梶 静江

商品詳細を見る

アイヌのユカラ~萱野茂アイヌのユカラ~萱野茂
(2008/07/09)
萱野茂

商品詳細を見る
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/747-92e35286
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。