04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
恋の手本となーりーにーけえ~「週刊マンガ日本史 近松門左衛門」
2010/04/15 [Thu]09:44
人形浄瑠璃、歌舞伎脚本の大家。
漫画は「大江戸あん・プラグド」の稲光伸二。
って、「あん・プラグド」は読んだことないけど。江戸つながりでの起用なのかひょっとして。

漫画では時流と人物の絡みは「心中をきっかけに名作」「名作をきっかけに心中ブーム」なので、まったく平和だ。
才能があってこそだけど、武家を辞めて作家になるのは、この時代の選択としてはまったく正しい。
漫画では「芝居好きのおじさん」としてドラマに味付けしているが、あまり効果的じゃないんだよな。
あの女の子が「ええっあの人だったの?」ってことにならないと。
知ってても成立する展開になってる。


上方の元禄文化の代表者で、町人の時代が到来している。
漫画では坂田藤十郎と竹本義太夫が絡んでくるし、解説部分でも菱川師宣、歌川広重、喜多川歌麿、松尾芭蕉に触れている。
文化の時代だ。タイムスリップするなら江戸時代だな。ただし飢饉と火事は勘弁。

付録の人物カードは
「坂田藤十郎(初代)」(歌舞伎役者)、「貝原益軒」(博物学、大和本草)、「竹本義太夫」(浄瑠璃)、
「柳沢吉保」(綱吉の側用人)、「渋川春海」(天文、暦)、「尾形光琳」(絵師、紅白梅図屏風)、
「近松門左衛門」(浄瑠璃作者)、「新井白石」(家宣、正徳の知)、「荻生徂徠」(綱吉から享保の改革でも)

関連資料では人物伝のほか文楽の解説本もある。
文楽という呼び方は19世紀からだそうな。復興の立役者から命名。

近松門左衛門―日本の芝居の幕が開く (NHKにんげん日本史)近松門左衛門―日本の芝居の幕が開く (NHKにんげん日本史)
(2004/11)
小西 聖一酒寄 雅志

商品詳細を見る
近松門左衛門集 (21世紀によむ日本の古典 16)近松門左衛門集 (21世紀によむ日本の古典 16)
(2002/05)
諏訪 春雄

商品詳細を見る
日本の伝統芸能はおもしろい〈5〉吉田蓑太郎の文楽 (日本の伝統芸能はおもしろい (5))日本の伝統芸能はおもしろい〈5〉吉田蓑太郎の文楽 (日本の伝統芸能はおもしろい (5))
(2002/03)
小野 幸恵吉田 蓑太郎

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/748-e541fad8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。