06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
なんという快挙であろうか「筒井漫画涜本ふたたび」
2010/04/16 [Fri]09:16
前の涜本も読んで面白かったので、即決で購入。

参加作家と原作は以下。掲載順。

いがらしみきお「北極王」、大地丙太郎「発明後のパターン」、折原みと「サチコちゃん」、
高橋葉介「ラッパを吹く弟」、菊池直恵「熊の木本線」、竹本健治「スペードの女王」、
明智抄「幸福ですか?」、Moo. 念平「うちゅうを どんどん どこまでも」、田亀源五郎「恋とは何でしょう」(『男たちのかいた絵』より)
伊藤伸平「五郎八航空」、鈴木みそ「あるいは酒でいっぱいの海」、とり・みき「わが良き狼」、
雷門獅篭「落語・伝票あらそい」、萩原玲二「弁天さま」、畑中純「遠い座敷」、
みずしな孝之「フェミニズム殺人事件のようなもの」

小説のコミカライズどころではなく、漫画家が原作を愛し敬し、かつ自分の作品として着地させようとしてるから、筒井ファンも各作者のファンも読んでみれば原作に手が行く。
って、原作とどこまで忠実かアレンジかは、覚えてないけど、言葉や頓狂な状態、自分がメチャクチャらともかく周囲とのズレを認識した瞬間の空恐ろしさ。
そこはもう。

もちろん絵が付くことで見え方が変わるのもあるわけで、「北極王」「ラッパを吹く弟」なんかはまさに、漫画ならでは。
絵と画風で際立つのが「わが良き狼」。

むしろしっくりしすぎている漫画なのが「五郎八航空」、「発明後のパターン」。

「熊の木本線」はいちおう鉄道が絡んでくるからか、菊池直恵だ。
でもこの人の書く普通の人は実に普通でいい。頓狂な状況に置かれるべき普通さ。

あと、「弁天さま」のようにそのまんまのもあり、なにがなにやら、とにかく外れなしの面白さなのであった。
漫画家が、本気なんだよな。

前のも読み返そう。

筒井漫画涜本ふたたび筒井漫画涜本ふたたび
(2010/04/09)
筒井 康隆

商品詳細を見る
筒井漫画涜本筒井漫画涜本
(1995/10)
相原 コージ筒井 康隆

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/749-6e03cd91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。