09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
誰も死なない宇宙世紀「犬ガンダム」地上編・宇宙編
2007/05/01 [Tue]09:21
地上編を読んでちょっとノリきれなかった「犬ガンダム」。流れで続きを買って、満足した。繰り返しに飼い慣らされた! 自分も飼い犬だ。結局唐沢なをき好き……。

人物を犬、メカを民芸品に変えて、戦死者をゼロにする。説明してもしょうがないか。犬の習性とガンダム人物の言動を付き合わせたギャグを繰り返し繰り返し撃ち込む。もう何度も尻を舐める舐める。だから説明してもしょうがないって。
犬の習性がわからなくても笑えるが、ガンダムを知らないと笑えないと思われる。いやだから説明してもなぁ……。

で、パターンを把握したつもりでいると「ゼナがゼントバーナードででかい」とかの外し技でまた笑わされる。

シンプルな思いつきのようでいて、かなり巧妙にくすぐり続ける漫画だった。
この内容が成立するなんて、日本にはガンダムと犬が文化として根付いてるのね。

犬ガンダム (宇宙編) 犬ガンダム (宇宙編)
唐沢 なをき、矢立 肇 他 (2007/04/26)
角川書店
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/75-d4ac443e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。