06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
激レアの復刻版「古事記」じゃないスか「週刊マンガ日本史 本居宣長」
2010/04/23 [Fri]10:01
江戸時代の国学者が今号の主役。

ヒミコから聖徳太子、中大兄皇子から聖武天皇と続いたシリーズなので、
ここで「古事記」が出てくるのは面白い。
そういえばそんな歴史書(神話)があるけど、よく読めないよね、という気付いた感覚が宣長っぽいような。

漫画はよしだもろへ。
宣長が熱血で国学一筋なのに加えて、「後輩」というサブキャラがバカ担当、ドタバタ担当としてくるくる動く。
小ギャグがたくさん入るけど説明や進行をサクサクさせるための「勢いギャグ」だ。
好みのことなんだけど、この軽さは好き。

しかし解読に邁進したってだけで、江戸時代の人が古事記の内容についてどう思ったか、までは書かれていない。
神話や古代史がどう受け止められたかは知りたいなぁ。
(そんな資料がないのかも)


付録の人物カードは
「紀伊国屋文左衛門」(材木商)、「石田梅岩」(心学)、「徳川吉宗」(八代将軍、享保の改革)、
「大岡忠相」(大岡越前、江戸奉行)、「雨森芳洲」(儒学、外交)、「竹田出雲」(人形浄瑠璃、二代目)、
「山脇東洋」(人体解剖、医者)、「安藤昌益」(医者、自然真営道)、「山県大弐」(儒学、尊王)

心学ってなんだ。独自の倫理、実践道徳なんだそうな。


関連資料は古事記に万葉集など。
「鈴せんせい」は、「この本を一冊読めば、宣長博士にだってなれる」という特大の太鼓判が押されている。
すごく推してるなぁ。
でもAmazonにはないみたい。Bk1とかでも入手不可。気になるじゃないか。

イラスト図解 古事記 (絵でみる世界の名作)イラスト図解 古事記 (絵でみる世界の名作)
(2008/05/16)
三浦 佑之

商品詳細を見る
万葉集 (21世紀によむ日本の古典 2)万葉集 (21世紀によむ日本の古典 2)
(2001/04)
古橋 信孝

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/753-9c26201e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。