04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
歳のいった人のものである「センセイの鞄」(谷口ジロー・川上弘美)2
2010/04/29 [Thu]09:50
ツキコさんとセンセイの恋物語に幕。

30代女性とシニア男性の2人で話をつむぎだしたら、こうならざるを得ない。
まとまるべきところに向かってゆっくりと恋愛を描くためには、今はこういう距離のある2人が必要なのかしら。
同年代の男女では話が早くなりすぎるのか。

過程の美の作品を彩るのはくどくどした感情の吐露でなく、食事や散歩で見た風景。
そこは「孤独のグルメ」「散歩もの」の谷口ジローだけに、生っぽい絵によって食べ物見るもの聞くものすべてが印象的になる。
恋愛に没頭しているときはすべてが輝き意味ありげに見えるという現象にはちょうどいい。
そのうえで純愛のような精神的交流が深く静かに進んでいくのだし。

さらに天狗のくだりが、ほどよく唐突で、「2人にしかわからないことがあったんだなぁ」という重しにもなっている。
境界や天狗のシーンがなかったら、あの2人のすべてを理解したつもりになってしまいそう。


読んでみて、すがすがしい思いもあるのだが、小説だったらこれほどは入り込めなかっただろうと思う。
想像だと、小説の登場人物が素敵に浮かびすぎる。
漫画で、美人だけど少し崩れたツキコさんと、よく見りゃただのおじいさんでしかないセンセイの「普通っぽさ」がドラマチックさの抑制となっている。

なんだろうなこの抑制は。上村一夫とは対照で、どっちも好きなんだけども。

センセイの鞄 2 (アクションコミックス)センセイの鞄 2 (アクションコミックス)
(2010/02/27)
画・谷口 ジロー 作・川上 弘美

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/755-54403246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。