04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
パパは私のお尻の下で「シスタージェネレーター」(沙村広明)
2010/05/12 [Wed]09:48
「無限の住人」作者の短編集。むげにんの方は読もうと思いつつ巻数に躊躇しているのに対し、短編集ならばと手を出す。

「久誓院家最大のショウ」「エメラルド」は傑作短編漫画だし、
「制服は脱げない」「ブリギットの晩餐」「シズルキネマ」における、きれいで都合が良くて気持ちいい表現、思いへの屈託も描いていて、どれも面白い。

特に「エメラルド」のかっこよさったら、すごいぜ。
粋な面々がケレンたっぷりに見せる。名作短編!


基本的には、きれいな女の子を描ける技術をフル活用して、欲望に媚びすぎない漫画を描く。
(こう書くとつまらなさそうだな…)

薄幸そうな顔してるんだよな、みんな。そこで父性をくすぐられるんだけど、そこにサドっぽい、メチャメチャになってしまってほしいという思いがセットになっていく。
これ、そういう気質がなくても、読んでて「そう期待してたでしょ?」って言われたゾクゾク感があるんだよな。

シナリオの面白さや、展開や理屈の納得感、絵のきれいさ。
だけじゃない。感覚に訴える仕掛けがある。どこにってんじゃなくて全体に。
この短編集に限らずね。


で、表紙のインカム女子とタイトルのシスタージェネレーターって、作中でまるっと出て来ないんだけど、まぁそういうこともあるか。

シスタージェネレーター 沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)シスタージェネレーター 沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
(2009/09/23)
沙村 広明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/761-1bd475fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。