08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
さあ海に帰ろう「私家版魚類図譜」(諸星大二郎)
2010/05/16 [Sun]09:44
「私家版鳥類図譜」(読みログ)に続く、サカナ短編集。

「鳥類図譜」でも、人間社会を隔絶した鳥の世界、鳥の常識が出ていたし、「魚類図譜」でも同じく。
でも、海、それも深海に“潜む”魚類だからか、より神秘的で別世界の生命力があふれている。
隠れる、逃げる、自立している、地上よりも実は豊穣で進んでいる……。
そんな魚の世界。

人魚ものももちろんあるのだが、童話とか神話のようなものじゃなくて、深海に実はいて……という作り込み。
でも、ちゃんと幻想しているし、最後まで理解できない壁があって、人間側の常識を押し付けない。
距離感があるのがいいね。


「魚の学校」と「魚の夢を見る男」で、学生とサラリーマンの現実逃避をそれぞれ描いてるけど、
どっちにしても、外の世界の常識、術を身につけることで上手くやろうぜという、
ゆったりした考え方そのものが好きなんだな。

この調子で昆虫図譜はどうだろう? 読みたい。

私家版魚類図譜 (KCデラックス)私家版魚類図譜 (KCデラックス)
(2007/03/23)
諸星 大二郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/765-384e9654
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。