FC2ブログ
10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
不正は許さん「週刊マンガ日本史 大塩平八郎」
2010/05/21 [Fri]09:15
緩やかに腐っていく幕府政治を象徴する、奉行所の与力による暴動。クーデター、デモ。
漫画岩田やすてる。
暑苦しくていい人物像だ。スマートな漫画が多いからね。大塩の場合は暑苦しくないと。

しかしこの号でいちばん笑ったのは、水野忠邦の風刺画。手には小判、尻尾が水野家の家紋、腹にはトゲとか…。
描き方がこなれてなさすぎ。ダイレクト。


表紙に「魚は骨までバリバリ! 不正を許さぬ熱血漢」とキャッチフレーズが付けられているが、
魚をバリバリやってるシーンがないんだよな。
解説部分には、熱く語っているうちに魚の骨まで噛み砕いてしまうエピソードが紹介されている。


賄賂を受け取って不正三昧の腐敗政治に鉄槌を下した人物像は、ヒーローものの主人公のような正義。真っ当。
でも真っ向から不正に立ち向かっても腐敗構造まで踏み込めず、乱を起こすわけだが、その過程でも私財をなげうち、施しをしつつ、準備を進める。
乱の前に妻を田舎に逃がし、いざ決起となったら自分の家から焼いていく覚悟。
やれることをやったうえでの決起なんだよね。そこも真面目。

歴史ものの主人公としてできすぎてる。いろんな小説にもなってるけど、逆に真っ当すぎて題材になりにくいんじゃないかなぁ。
紹介されてる関連資料には小説とかフィクションもないのよね。

NHK「その時歴史が動いた」コミック版 改革者編 (ホーム社漫画文庫)NHK「その時歴史が動いた」コミック版 改革者編 (ホーム社漫画文庫)
(2004/05/18)
NHK「その時歴史が動いた」取材班、

商品詳細を見る

燃え上がれ、一揆の炎―天保の近江騒動をひきいた人びと (新ものがたり日本歴史の事件簿)燃え上がれ、一揆の炎―天保の近江騒動をひきいた人びと (新ものがたり日本歴史の事件簿)
(2007/09)
小西 聖一

商品詳細を見る

大阪古地図むかし案内 ―読み解き大坂大絵図大阪古地図むかし案内 ―読み解き大坂大絵図
(2010/01/22)
本渡 章

商品詳細を見る


付録の人物カードは
杉田玄白(解体新書、蘭学事始)、伊能忠敬(測量)、司馬江漢(絵師)、
塙保紀一(国学者)、上杉鷹山(米沢藩、改革)、大田南畝(作家、寝惚先生)、
雷電為右衛門(大関)、大槻玄沢(蘭方医)、小林一茶(俳人)。
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/767-c98f9188
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。