09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
アメリカが日本を開国させたという事実「週刊マンガ日本史 ペリー」
2010/06/04 [Fri]09:34
黒船来航。大塩平八郎、ジョン万次郎を経てペリーだと、当時の流れがわかりやすい。
漫画は高山しのぶ。人物は普通なんだけど、背景がすごい。
CGバリバリなんだけど、アニメの巌窟王のような…。


思えば、黒船から開国までのくだりは日本人視点で語られがちなところ、
ペリー、アメリカ側がどんな思惑で開国を迫ったかも踏まえて解説されている。
ただ押しに押されての開国でなく、大慌てでも交渉している。
譲歩させてる部分もあり、漫画では最後にペリーがリップサービス。

ちょっと呑気なころもあるが、開国交渉の漫画だからシメは気持ちよくいきたいのもわかる。

次号から竜馬、勝海舟。黒船を受けた側の登場。


付録の人物カードは
渡辺崋山(蘭学)、平田篤胤(国学、尊王攘夷)、間宮林蔵(樺太調査)、
滝沢馬琴(南総里見八犬伝)、葛飾北斎(富嶽三十六景)、高野長英(蘭学)、
水野忠邦(天保の改革)、江川太郎左衛門(砲術)、遠山金四郎(江戸町奉行)。


関連資料として、下田の遊覧船サスケハナも紹介されている。
これ、まさか蒸気船ではないよな。外観はペリーの船を再現しているけど。


人物日本の歴史・日本を変えた53人〈6〉人物日本の歴史・日本を変えた53人〈6〉
(2002/02)
高野 尚好

商品詳細を見る



よこすか開国物語 (EWえほん)よこすか開国物語 (EWえほん)
(2003/10)
かこ さとし

商品詳細を見る



幕末の蒸気船物語幕末の蒸気船物語
(2004/04/28)
元綱 数道

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/774-93acd2d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。