05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
さすが現実すごいぜ「アイアムアヒーロー」(花沢健吾)3
2010/06/29 [Tue]09:42
1巻でのドッキリ、2巻での展開を受けて、3巻は緊迫感のある車内からスタート。

「意味不明な状況」から「理屈がわかるけど身体的に痛いし怖い」ときて、
その間を描写するように別種の怖さをおいてくる。

上手いんだけど、そこはもう予想してたぜ!
という強がりもあるんだが、差し引いても樹海の孤独シーンがいい。
英雄にしかわからない理屈をくどくどとコネて、延々と内にこもる。
1時間経ったと思ったら5分。圏外、バッテリーの安堵感も目減り。
スケールの小ささがいい。状況は大変なのだが、人は人で個人でしかない。

比呂美ちゃんもそうなのだが、外が大変になればなるほど、
外から拒絶されて、自分の内を鍛えてきた人が強い。
(強くあれ、と作者が幸運を用意している)

そこの思いは受け取った。

で、長~く続いちゃいそうなところだけが不安である。


アイアムアヒーロー 3 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 3 (ビッグコミックス)
(2010/05/28)
花沢 健吾

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/779-05c84b80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。