03« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»05
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
軍隊式でいかせてもらう「宇宙兄弟」(小山宙哉)10
2010/07/05 [Mon]09:03
宇宙飛行士選抜試験漫画、舞台はNASAへ。
緊張感が高まりそうなところで、この漫画だからやっぱりの和みを綾戸智絵のようなオバちゃんが挿入。

NASAに着いてからは「舞台に立てる役者になること」の途方もなさ。
現在でも、スペースシャトルの乗員は少ないことから、宇宙に出られずに引退する飛行士もいる。
ちょっと未来の作中世界でも厳しさは変わってない設定だから、むしろ人材は充実して競争が激しいと見るべきか。

そして、宇宙飛行士漫画でおなじみ、閉鎖環境訓練に続くサバイバル訓練の始まり。
ぬる~いJAXAから厳しいNASAへを象徴するシフトなんだが、この漫画にはどうにも安心感が漂いすぎているので、読んでいてもうハラハラしない。
ケータイは見つかるだろうし、訓練は無事に終えられるだろう。1位になることの引き換えに、もっと大事なものを得るだろう。
あの堅物もムッタを認めるだろう。そんな予感は読む前からある。

でも安心感があるからこそ、言葉が沁みたりするんだよね。優しい漫画。


宇宙兄弟(10) (モーニングKC)宇宙兄弟(10) (モーニングKC)
(2010/06/23)
小山 宙哉

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/785-6dad7e15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。