09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»10
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
どんな奴でも死ぬのはこわい「ヴィンランド・サガ」(幸村誠)9
2010/07/07 [Wed]09:31
奴隷編の本格開始。
人間でなく労働力としてそこにいる。暮らすというか生きている。

金を貯めれば自分を買い戻して自由になれるなんて最低ラインからのスタートだが、
自分で身を守らなければ明日の命がない戦場に比べると、命の保証のスパンは長い。
漫画の進行もゆったりだ。

ざっくりと暴力が転がってる世界で、自明の摂理を語るのは新キャラの戦士たち。
恐怖のあるところに力を売る。
アシェラッドには野望があり、トールズには己の中の戦闘意欲があったけど、彼らの中身は空っぽで、意識が外向け。

しかし死が最大の恐怖であるという指摘は正しく、トルフィンもエイナルも戦場で人生が狂っている。ズレたというか。
死の恐ろしさは知っている。
クヌートだって、「このまま国が滅ぶよ?(たくさん死ぬよ?)」という力を売っていく。

立場は違えど、という人間描写が読ませるなぁ。
しかし、王と奴隷に分かれた2人の人生が交錯するのはいつだろか。


ヴィンランド・サガ(9) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(9) (アフタヌーンKC)
(2010/06/23)
幸村 誠

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/787-6d62cd65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。