03« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»05
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
人が変われば世の中が変わる「週刊マンガ日本史 福沢諭吉」
2010/07/10 [Sat]09:34
天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず。
とにかく平等なんだという世迷い言でなく、人を分けるのは学問である、と続く。
魚戸おさむ、氷川まりねのマンガでも、アメリカの自由にあてられたうえで、言葉、学問で変化する人が見せ場だ。

下級武士でも、攘夷派に睨まれても、学問に根ざした言葉で対峙。
いや、明治知識人のシンボルだよなさすが。
身分制度はじめ、当時の体制、ルールに楯突いた人や集団は多いんだけど、
これだけ力のある言葉を送り出せたのはすごい。タイミングもあろうが、実際にベストセラーとなる力。

刀を振り回してる場合じゃないよねー。そうか、徳川幕府て軍事政権だもんな。そりゃより強い力で崩壊するわ。
その流れは次号の西郷隆盛も汲んでしまう、と。


付録の人物カードは

植木枝盛(土佐、自由党)、河竹黙阿弥(狂言作者)、清次郎長(侠客)、
松平容保(会津藩主)、井上毅(憲法草案)、樋口一葉(たけくらべ)、
後藤象二郎(土佐、政治家)、陸奥宗光(紀州、外務大臣)、中浜万次郎(ジョン万)。

関連資料に福翁自伝がないのは不思議。

ビジュアルガイド 明治・大正・昭和のくらし〈1〉明治のくらしと文化―博物館明治村ビジュアルガイド 明治・大正・昭和のくらし〈1〉明治のくらしと文化―博物館明治村
(2007/03)
本山 浩子

商品詳細を見る

童蒙おしえ草、ひびのおしえ―現代語訳童蒙おしえ草、ひびのおしえ―現代語訳
(2006/01/11)
福沢 諭吉

商品詳細を見る

福沢諭吉 (PHPノンフィクション)福沢諭吉 (PHPノンフィクション)
(2007/12/12)
北 康利

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/10/18 08:18】
| # [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/790-6b55469c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。