09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
映画のようなイタリアン共同生活「LA QUINTA CAMERA~5番目の部屋~
2007/05/23 [Wed]12:00
「not simple」に続いて読んでみようオノ・ナツメ第2弾。表紙は笑顔のイタリア人たちだ。

読者も5番目の部屋に転がり込んだような気持ちで……というのはありがちな“ライター文体”なんだろうけど、小物や様式がウンチクがましくなく(重要)入ってくるので生活感を抱けるのは確か。上品。

全体を日本に置き換えると「ぶらぶら自由でいいねぇ」と斜めに見てしまうが、イタリアなら「明るくて楽しそうだなーいいなー」という、ごく平凡な欧米向き視点で読んだのだが、キモのところを読ませる際に外国人の方がキレイにまとまるのか。

先入観として、アートっぽい絵でヨーロッパが舞台でとなればなんだか美大生が好みそうなよくわからない独白と精神世界に巻き込まれるのか……と。それは「not simple」からそうだったけど。いやこれがスイスイ読める。こんなにスムーズに読めてもったいなくないかと思うほどに運びが上手い。んで、キレイに締まる。意外に思ってすいません。

あ、中は一色刷りなんだけど、黒(スミっての?)じゃない? 紙に色が付いてるのか。へー。

なんだか散漫だ。キレイに締まってるからな世界が。

LA QUINTA CAMERA~5番目の部屋 LA QUINTA CAMERA~5番目の部屋
オノ ナツメ (2006/07/28)
小学館
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/85-90b113a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。