09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
あんな性格破綻者の先生が描いてるなんて「まんが極道」1
2007/05/29 [Tue]09:13
唐沢なをき画業21周年(くらい)記念作品。内向けのパロディと外向けのイタ狂いぶりを両輪にした、鉄板のネタ!

流れとしては「漫画家超残酷物語」に連なるもの。残酷から極道ということで、わりと漫画家って生き方の「自分のせい」感を再確認。まともな人がすがすがしく出てこない。

いつもの唐沢なをき世界ではあるんだけど、狂いがやや濃いと思われる。やはり記念作だから気合いが、ってのは読み手の期待感かなー。漫画業界のイカニモ展開がホントかウソかブレンドかを横目に笑いつつ、後半の「帰郷」「女のシヤワセ」では漫画家以外でも若者をぐああああとさせそうな破壊力。

絵もパロディが入り、エピソードによっては監修も入り。今まで以上に腰が据わった連載になりそうで楽しみー。
売れっ子漫画家漫画の「吼えペン」のダークサイド版ってのはアテすぎの読みだけど、ネタはいくらでもストックありそうだ。


個人的には最近の唐沢世界のモブで出てくる、ハッチポッチステーションみたいなキャラが好きになってる。ぞんざいで人格はないけど人物であるという、まさにモブ。ぱっくり開けただけの口がね。いいよね。

まんが極道 1 (1) まんが極道 1 (1)
唐沢 なをき (2007/05/25)
エンターブレイン
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/88-5ba23db0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。