10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
グフのお鼻は長いのね「愛蔵版 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN III ランバ・ラル編」
2007/06/07 [Thu]16:39
最初はガンダムエースを保存していたが分厚さと安彦成分の減少に伴って手を引き、通常のコミックスを買っていたところに愛蔵版登場で完全に乗り替え。
……たところ、刊行ペースがゆるやかでじわりと待たされるのであった。確かにサクサク出してたら通常版がねぇ。

カラーで読んで面白いのはCG処理(?)でピントが変えてあるところ。ハイこっち見てますヨーという誘導。へー。ひょっとしてもうよくある手法なのか? とにかく感心した。気持ちよく誘導されて読める。絵が上手いってのはこういうのも含むよな。
(ゲームのCGで「画面一杯にくっきり」なのはやっぱり不自然だ。見え方としては。キレイだけども・・・・余談)


3巻はランバ・ラル編。1~2と比べてちょっと分厚い。エピソードの進行速度がゆったり、じっくりになってるのかもしれない。でもアニメでおなじみ、みんな知ってるセリフはやはり大コマ含む数コマ、下手すると1ページ使って語らせたいものな。

地上戦だし、人物もモビルスーツも激しく動く戦争漫画。アクションと見栄キリの良さが安彦漫画の酔い所だけど、ガンダムはいい題材だ。ははは。
軍組織が双方ともガッチガチで現場はお互い大変ですな的なところは、今後のORIGINの特別追加エピソードでもっと読めるのだよな。開戦前夜をみっちりと。もう止まらないぜ安彦ドラマ。
アニメの漫画版ってよりもこっちのが楽しみだったりする。ドロドロ政治劇モトム!


ランバ・ラルの体がやや絞まり、グフはちょっと鼻が長くなった。ザクは肥ったように見える。でもモビルスーツに関してはガンプラとかトイの造形で目が慣れてるから、映像で見直したらこんな感じなのかも。

いやしかし、本棚から落ちてきたらケガするぞ。下の方に置いておこう。

愛蔵版 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN III ランバ・ラル編 (3) 愛蔵版 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN III ランバ・ラル編 (3)
安彦 良和 (2007/05/26)
角川書店
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/92-d9281fae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。