07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
パイレーツ・オブ・皮ジャン「万祝」8
2007/06/08 [Fri]16:18
今回はしっかり表紙にタイトルが書いてある8巻。オビにもデカデカと「万祝」「8」「望月峯太郎」。そうだよな、6巻あたりはやりすぎてた。
ケミカルだけど良いにおいがするなと思ったらオビから? 紙かしらインクかしら。

宝島に着いてしまって、海賊たちとの肉弾戦と謎解きがメイン。石造りの洞窟、隠し通路、風に阻まれたりそれを使って隠すステージに入ったり。まるでRPGのダンジョンだ。敵とのエンカウントもあるしな。

一方でカトーVSトビミズチ戦が、ついに対等に近いバトルへ。人間らしく仕掛けで仕留めずにモリやサーベルで肉弾対決をするあたり、清々しくカッコいい。弱い者が大ネタで一発逆転するんじゃなく、対等な力の持ち主としてガッチリ組み合って勝たないといけない。それでこそ不死の男を応援する気になる。

相変わらず効果線を抑えた絵がキレイで素敵だし小物の細部もしっかり“見え”て楽しい。ボカしたり勢いでごまかさない絵がいいなぁ。書き込み情報が好きなんだろな、自分が。
さて、9巻は晩秋、か。安心して待つ。

あ、トメちゃんはもっと活躍してほしいなー。上陸しての肉弾戦になって、フナコとカモばっかり。ぶー。

万祝 8 (8) 万祝 8 (8)
望月 峯太郎 (2007/06/06)
講談社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/93-00d0ff39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。